食事を宅配食にすることで腎臓病は楽になる

CKDの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)において薬物治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)と食事療法は重要で、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、クレアギニンEXは高血圧治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を容易にして、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓の機能に異常が顕れた時は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になるはずです。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を早めることで、病態の回復までとはいかずとも、遅らせることができるようになりました。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかそれぞれに応じた治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法も加わり、患者自身の要望に沿った最新の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が期待できます。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)を造り出したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓病治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全へと推移します。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状に相応しい治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)と病状に至る原因を取り除くことができれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。ところが、腎臓病の中には結構進行するまで無自覚なものもあるために、常日頃の健康管理が大切です。たとえば、いつ持とは違う尿が出た場合は、ただちに病院で診察をうけましょう。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明りょうに改善することは少ないので、だんだんとクレアギニンEXの排泄能力が低下していくことが多く、体内へのクレアギニンEX摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、クレアギニンEXの摂取量を確認し軽減する必要があるのです。濃縮加工したクレアギニンEXは、生のままの野菜や果物と比較すると含まれているクレアギニンEXが、ミスなく多量です。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、クレアギニンEXを常時摂取している場合には高クレアギニンEX血症を呈する危険性が多くなるはずです。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓は糸球体という小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液中の老廃物や毒素といったものを尿と共に体外へ排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)を作るクレアギニンEXや血圧調整、骨の代謝に関わるクレアギニンEXを作るなどの我々の体にとって大切な働きをしているのです。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になるはずです。もし標準体重が60kgくらいであれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となるはずです。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、それぞれに相応しいクレアギニンEXの減らし方などを教えます。主要な低たんぱく食事療法は、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)用特殊食品の使用が要となるはずですから、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質やクレアギニンEXを体内に含有しているかを明確にします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、体内へのたんぱく質やクレアギニンEXの摂取量を理解することが出来ます。クレアギニンEX制限は腎臓の負担を軽くします。クレアギニンEX摂取の適量は、一日6g未満とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を選びましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。薄味でもおいしく食べることが出来ます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。具体的な使い方については、管理栄養士に相談して頂戴。
続きはこちら>>>>>腎臓病 食事 宅配 ランキング